スポンサーリンク

udemyでプログラミングしよう!

/ Pixabay

作りたいwebサービスやアプリがあってプログラミング言語を学習中だ。

世界最大のオンライン学習サイトUdemy

これからは自分について発信する手段として、あるいは自分のビジネスを加速するための手段としてプログラミングは必須のスキルなので色々な言語を学習中だ。

web開発とアプリ開発に利用されている言語はサービスによって色々だが、PHPやRuby、Pythonあたりなんかはマストっぽいのでそっちを重点的に学んでいる。

はじめはドットインストールを使ってみたがイマイチよくわからなかったのでudemyというオンライン動画学習サービスを利用した。

udemyでは様々なスキルを持った講師が動画形式で講義を提供していて自分の求めているスキルの講座を1,300円くらいで学べる。

僕が申し込んだ

[世界で30万人が受講]フルスタック・ウェブエンジニア講座

では、web開発に必要なHTMLやCSSなどを一通り学べるようになっていて、はじめから開発環境を準備してエディタを使ってコーディングしながら学んでいく、という流れでかなり本格的な内容になっている。

講師の説明もわかり易く、しっかり講義内容を身につけられればweb開発ができるようになっているので一通りメジャーなプログラミング言語を学びたい人にはいいかもしれない。

世界最大のオンライン学習サイトUdemy

ただプログラミングについては全くの初心者の段階でこの講座を聞いても、はじめから開発環境の準備をするというのがめんどくさいしよくわからないというのもあって、まずはプログラミングすることに慣れることが優先事項だなと考え、他のサービスを色々探していたら

progate(プロゲート)

というwebのプログラミング学習サービスに出会った。

これがとてもわかり易くて、短いセクションで講義がスライド式で展開され、”にんじゃわんこ”というキャラクターが”ひつじ師匠”というキャラクターから対話形式でプログラミングを学び、ユーザーもにんじゃわんこと一緒に学んでいくという内容になっている。

このprogateが秀逸なのは、コーディングのための環境開発が不要で、短いセクションで区切られた講義を学び終えたら即web上にあるテキストエディタでコーディングでき、アウトプットを確認できるところだ。

学習というものは何にせよ、インプット中心になりがちで、アウトプットとなるとなかなか手につかなかったりするが、progateは一つのコースを短いセクションに区切り、スライド式で対話形式となっていてスラスラ読み進められるし、一通り読み終わった後に実際にコーディングして実行結果をテストしてもらうことで理解→定着が早くできるよう作り込まれているのだ。

実際のweb開発にはprogateでは十分ではないとの声も聞くが、国語に例えるなら字の読み書きを学び読解力を身に付け簡単な作文が書けるようになれば、あとは自分の必要に応じて自習しながらスキルをブラッシュアップできるようになるのと同じで、progateもプログラミングのいろはを身に付ける場所としては超絶オススメのプログラミング学習サービスだと思う。

プログラミングを始めたいと思ったならまずはあなたもチャレンジしてみませんか。

世界最大のオンライン学習サイトUdemy

スポンサーリンク

シェアする

フォローする