スポンサーリンク

キャンプの準備で注意すべき3つのこと

こんにちは。なごったです。

最近空梅雨に乗じてマイテントでの初キャンプへ1泊2日で行ってきました!
ちなみに行ってきたキャンプ場は神戸市北区にあるしあわせの村のオートキャンプ場です!
神戸市在住の方にはかなり身近なキャンプ場です。
オートキャンプ場には各サイトに流し台とBBQ台、ACコンセントが付いていて便利でしたよ。
キャンプ場にはコインシャワー施設がありますが、しあわせの村の敷地内にある温泉浴場がおすすめです。

テントは無事張ることができたのですが、キャンプの準備を通じて反省したことがいくつかあったので次回のキャンプに活かすためにも振り返ってみますね。

キャンプの準備で気をつけたい3つのポイント

キャンプ道具の準備が不十分。

今回は出発3日前にキャンプ行くことを思い立ち、前日に道具を準備しだしたので何を持って行ったらいいかについての準備が足りなかったですね。

ちなみに持って行くのを忘れたのはランタンを掛けるポールと朝食のベーコンエッグの調理に使うフライ返しでした。
結果的にはなくても大丈夫だったんですが、どちらもなければ不便でした。
ランタンは夜のキャンプ場に光と安心と情緒をもたらす貴重アイテムなので使えなかったのは残念!

今回はこれくらいで済んでキャンプするには支障がありませんでしたが、テントを固定するペグを忘れたりしたらかなり不安な夜を過ごすことになると思うので、次回は準備リストを作って行きます!

テントの設営方法についての予習が不十分。

こればかりは習うより慣れろなんですが、やはり事前にテントの設営方法は大まかに覚えていった方が良いです。今回は季節的に夕方7時くらいまで十分明るいので大丈夫でしたが、日照時間の短い春とか秋にテントの設営で時間を取られるとBBQの準備が間に合いません!
ちなみに今回は妻の力も借りて2時間弱くらいかかりました。できれば1時間以内でテントの骨組みからペグの打ち込み、インナーテントの設置まですべて終わらせたいところです。

キャンプ場についての予習が不十分。

この日のお風呂をコインシャワーで済ますか入浴施設でゆっくり入るか決めかねていたところ、コインシャワーは21時までの利用で入浴施設は21時まで受付20時で終了ということを知らず、とりあえずコインシャワーへ向かうも故障中!せっかくだからと入浴施設へ行くも受付についた時点で21時をまわってるー!
スタッフさんのお心遣いで何とか入浴できましたが、こういった情報も事前に調べていくべきだったなーと反省しました。

まとめ

キャンプへ行くときは
・キャンプ道具をもれなく揃える!
・テント等の設営はスムーズにできるように予習が大事!
・キャンプ場についても事前に色々調べた方が良い!
ですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする