スポンサーリンク

映画”シェフ 三ツ星フードトラック始めました”が面白い

どうも。なごったです。

映画を観るのがめっちゃ好きなんですが、最近観た「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」について感じた事をつぶやいてみます。

父と子の家族愛を料理を通じて描かれる誰にでも楽しめるハートフルコメディですが、なごった的には息子さんと疎遠になってるお父さんに特に観てほしいですね!僕は自分の息子についつい厳しくなりがちなんですが、カール(父親)とパーシー(息子)のような親子になれるよう頑張ります!

シェフ

(C)2014 SOUS CHEF,LLC. ALL RIGHTS RESERVED 映画.comより

別々に暮らす父と子の愛を育むのは料理とSNS?

ロサンゼルスの一流レストランの総料理長として活躍していた時期、カールは別れた元妻イネスと暮らしている息子のパーシーと過ごすたまのわずかで貴重な時間をいたずらに過ごしてしまってたんですね。その上定番メニューに固執するオーナーのもと料理に対する情熱と才能を発揮できず、息子とも料理ともきちんと向き合えていなかったんですよね。

そんなある日、カールは料理評論家からツイッターで料理を酷評されていることを部下から知るもツイッターが何なのかわからない。

そこでパーシーと一緒に過ごしてるときに、ツイッターとその使い方について教えてもらって料理評論家にツイッターでリベンジを挑むんですがオーナーに阻止され口論になり仕事をクビになってしまうカール。

その後カールは元妻イネスの勧めもあって故郷のマイアミで食べたクバーノというキューバサンドイッチをトラックで移動販売することに決め、パーシーにも夏休み中手伝ってもらうことに。

移動販売用のトラックの掃除の手伝いから始まって、カールはパーシーに調理方法や料理に対する心構えをときに厳しくも温かく教えていく・・・。

ロスでの総料理長時代とは対照的にカールはいきいきと料理ができていて、パーシーともキューバサンドイッチを通じて親子としての絆が深まっていく様子が観ていて心がほっこり温まります。パーシーのカールに対する感情も移動販売の旅を通じて敬意と好意に満ちたものへと変わっていく様子も素晴らしいです。パーシーの夏休みが終わりに近づいてカールと離れないといけなくなった時の二人の切ない気持ちと寂しいを描いたシーンはグッとくるものがあります。

グッド

人は時間の有限性に気付いた時に家族の重要性に気付く

カールとパーシーの場合、カールが忙しい日々から解放されたことと普段会うことが少ないという環境が一緒に過ごす限られた時間を目一杯楽しむきっかけになっています。

翻って自分について当てはめると、ほぼ毎日一緒にいる割にはというか毎日一緒にいるから息子の存在も居て当たり前になってしまってるんですが、シェフを観て自分はとても貴重で幸せな時間を過ごしているんだなと気づきました。

人生にはいつか終わりが来るのに普段そんな事を意識することってあまりないですよね。「自分が健康に生きられる期間ってあとどれくらいやろ。」って考えたら、「息子や妻と娘とあとどれくらい一緒に過ごせるんやー!ずっと一緒に居たいー!」という切ない気持ちが沸き起こったので、家族の存在がいかに大切かということを再認識しました(^^;

SNSの拡散力にも注目

シェフではツイッターが物語の展開に大きな役割を果たしています。

カールが仕事をクビになったのも料理評論家とのツイッターでのやりとりがきっかけになってますし、キューバサンドイッチが訪れる先々で大人気なのもパーシーのツイートが大きな役割を果たしています。

「SNSのチカラは凄ぇーな!これからの時代いかにSNSを上手く活用するかがビジネスでもプライベートでもカギになるな!」と映画見ながら独り言ちてました(^^;

スポンサーリンク

シェアする

フォローする