スポンサーリンク

水出しコーヒーがうまい件

水出しコーヒー コールドブリュー

どうも。コーヒーは断然ブラック派のなごったです。

無類のコーヒー好きとして知られる僕ですが、基本的にはブラックのドリップコーヒーを良く飲んでます。大体朝昼昼で2~3杯は飲みます。

アメリカ―ノ※も捨てがたいですが、エスプレッソマシーンがわが家にはないので手軽に作れるドリップコーヒーを飲んでます。

※エスプレッソショットをお湯で割ったものを一般的にアメリカ―ノといいます。ちなみにドリップコーヒーはいわゆるコーヒーメーカーで作るコーヒーのことです。

ドリップコーヒーでも十分美味しいと思っていたんですが、最近水出しコーヒーが作れるウォータードリップコーヒーサーバーなるものを買ってみたので作り方や気になる味について書いてみます。

内容をまとめると

ウォータードリップコーヒーサーバーって?

ウォータードリップコーヒーサーバーという名称が一般的なのかどうかわかりませんが、この名前はiwakiというガラス容器のメーカーが販売している水出しコーヒーを作る容器のことです。iwakiといえばたれない醤油差しで有名です。うちにもたまたまこのメーカーの醤油差しがあるのですが、それがiwakiのものだということに最近アウトレットモールで同じものを見かけて知りました。

ウォータードリップコーヒーつまり水出しコーヒーと言う名の通り、常温のお水で淹れるコーヒーが作れます。最近巷で話題のコールドブリューコーヒーのことですね!スターバックスでも最近提供し始めてるあれです。

ちなみに当ブログでは、ドリップコーヒーは沸騰したお湯で作ったコーヒーのことを指してます。

美味しいのか。

結論。と~っても美味しいです!

コーヒーメーカーで作るコーヒーでも十分美味しいんですが、ウォータードリップコーヒーサーバーで作ったコーヒーはまろやかで苦味をあまり感じないんです。

アイスコーヒーも良く飲むんですが、あれもコーヒーメーカーで落とした温かいコーヒーを冷やしたものなのでドリップコーヒーと味は基本的に同じです。

飲めるまでに2~3時間かかります!

この水出しコーヒー、味は言うことなしなんですが、最大の問題は飲めるまでに時間がかかることです。…食後のコーヒーに間に合わんやないかーい!ですよ^^;

なので、食後やブレイクタイムにすぐに飲めるように予め作り置きしておくのがオススメです♪というかそうするのがマストです(`・ω・´)ゞ

作り方は簡単。1杯分250ccとするとコーヒー豆をセットして60ccくらいのお水をコーヒー豆全体にかかるように均等に濡らして、後は残りのお水をサーバー部分にセットして出来上がるのを待つだけ。ほんと作り方は簡単なんですよ、作り方は。

余談ですが、緑茶も水出しでつくるとまろやかな味わいが楽しめますよ♪

僕の話を読んでみてウォータードリップコーヒーサーバーが欲しいと思ったあなたはiwakiの商品を試されてはいかがですか。1,000円くらいで買えたのでお手軽に水出しコーヒーを楽しめると思いますよ。

あなたもこの機会にお試しあれ。