スポンサーリンク

DJIのTelloが最高に面白い!

ども、なごったです。

君はドローンって知ってるかな。

ドローン
拙者のことでござるな
なごった
そうそうこういう形のプロペラがだいたい4つついてるヘリコプターみたいなやつ

実は最近ドローンデビューしてドローンの操縦がかなり楽しいので、僕と同じくドローンデビューしようとしてる君に勝手にいろいろ紹介させてくれ。

テッロ tello dji

DJIとIntelのコラボでできたTello

ドローンに興味を持たきっかけ

なごった
空飛ぶラジコンって単純に面白そうだし、動画や写真の空中撮影ってカッコイイし自分でもなんかクールで面白い動画や写真を撮ったり思うままにドローンを操ってみたかったんだよね。

どんなドローンを買ったのかというと

それでどのドローンを買おうか色々調べてたら

「DJI」

って中国の会社がドローン業界ではかなり有名で良いものを作ってるって知ったんだよね。

んでついドローン入門機としてはトイドローンっていうカテゴリーのせいぜい100gのものが

良くて、このDJIから

Tello

っていうトイドローンが発売されてるって知って

「これだ!」

って思ってポチったよ。

「まーシンプルなパッケージ!」

商品が届いた時の率直な感想です。

Telloは実際人気商品のようで入荷待ちのお店も多い中、僕は在庫のあるあるお店で1万4,000円くらいで手に入れたよ。

まあ定価より1割ほど高かったけど

「時は金なり!」

というもっともらしい言い訳をして買っちゃいました。

開封して半日で壊れた!?

パッケージを見ての通り、Telloはすぐに飛ばせるようにパッケージングされてるので早速中身を取り出して操縦しようとしたんだけどコントローラがない!

同梱されてないのでは?!と思い説明書を見てみると

「Tello」のアプリをダウンロードして操縦してください。

みたいなことが書かれてて一安心したよ。

なごった
スマホってなんでもできるんやねー。
Tello アプリ

画面の中心部あたりにTELLOアプリのアイコン

テッロ アプリ

アプリ起動ごのコントローラ画面。ドローン本体と未接続なので画面が黒い。

この後無事Telloをなんとか飛ばすことができたんだけど、障害物だらけの室内で練習してたら

案の定壁にぶつけて何度も墜落しまくり。

そして事件が起こった

それまでは吹っ飛んだプロペラを装着して飛ばせてたんだけど、この時は

ドローン
ワオーーンワンワン

って飛び立とうとチャロならぬTelloが吠えるんだけど全然飛ぼうとしない。

何度も試すも同じ症状を繰り返すばかり。

「まじかーーー!こりゃ壊れたな!」

と観念しそうになったんだけど

「これで壊れたなんて悔しすぎるわ。カスタマーサポートに問い合わせよう!」

とアプリからサポートにアクセス。

するとチャット画面が立ち上がって

「Hi」

と呼びかけられる。

「英語かよ!」

と少し躊躇したんだけどとりあえず何とかTelloが飛ばないんだということを伝えたよ。

スタッフによるとキャリブレーションしてみては?との話だったので、ググってみたらバランスが崩れて飛ばなくなってるからバランス調整してみて下さい。ってことが言いたかったみたい。

結果的にはキャリブレーションの問題ではなくプロペラの取り付け位置が間違っていたという単純な僕のミスで飛ばせなかっただけだったんだけど、カスタマーサポートに問い合わせたおかげでヒントをもらえたので何でも挑戦してみるもんだなっていい勉強になったよ。

ちなみにプロペラは2種類あって、中心部にマークがついているものとついていないものをそれぞれ対角線上にセットするんだ。

ほほえみ

JSKlingemann / Pixabay

↓Telloに興味があったら一度チェックしてみては?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする