スポンサーリンク

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーを観た(ネタバレあり)

毎月1日は映画の日。

観てきたよ、アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー。

MARVEL HPより

観終わった感想は

なごった
まだ続くんや?!

っていう嬉しさ半分、残念さ半分ていう気持ちが率直な意見。

なごった
続編って(あんだけ絶体絶命の状況で)アベンジャーズはこっからサノスとどう戦うの?

ってくらい圧倒的な力の差があると思うんだけど・・・。

まあそれは楽しみにとっておいて、インフィニティ・ウォーでは

復活したソー(マイティ・ソー)がカッコよかった!⚡

サノスをぶっ倒すべくソーは新たな武器を手に入れるんだけど

武器を手に入れるまでの下りと

手に入れた後の戦闘シーンが個人的にしびれたよ。

それにしても、インフィニティ・ウォーでは他にもスパイダーマンが出てくるわ

スター・ロード(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー)が出てくるわ

もはやレディ・プレイヤー1並のオールスター映画感が半端なかったね。

オタクと愛と平和~レディ・プレイヤー1~
スティーブン・スピルバーグの新世代VRワールド前回のレディ・プレイヤー1観てきたよー。なごったの独断と偏見でRP1を超辛口レビューしてみた。

僕はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーとかキャプテン・アメリカとかまだ観てないので

惜しいことしたなー。

これからインフィニティ・ウォーを観に行くならこの2本とスパイダーマン、マイティ・ソーとかハルクとかも予習していくと楽しさ倍増するはず。

Edict-Abhilekh / Pixabay

なごった
こういうの今は新鮮で楽しいけど、やりすぎると飽きるよね

アベンジャーズ・インフィニティ・ウォーは2本立ての映画の1本めを観終わったって感じで

消化不良な内容だったなってのが率直な感想だね。

本作とは関係ないけど

なごった的にはGOT(ゲームオブスローンズ)でお馴染みの

ピーター・ディンクレイジが面白い役どころで登場してたのが

なごった
今回はそっちの役ね

って感じで面白かったなー。

本作品でもGOT同様キーパーソンとして登場するのが小憎い。

ピーター・ディンクレイジは一見すると

その希少な体型に目を奪われがちだけど

凄く渋い声でカッコイイし演技もメチャクチャうまくて

見入ってしまうほどの素晴らしい俳優だと思う。

ゲーム・オブ・スローンズでも憎きラニスター家の次男でありながら

その聡明さと身分に関係なく平等な接し方に好感を持てるティリオン・ラニスター役を

見事に演じているんだよね。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーは迫力満点のCGとアクションが中心な

ザ・マーベル

って感じだよねって作品でそれなりに面白かったけど

次回作に期待ってことで★1つってできだったかな。

てとこで今回のなごったの映画評論はおしまい!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする