スポンサーリンク

日光東照宮へ行ってきたぞ~春旅その3~

引き続き旅のお話。

春旅その2
ホンダのinternavi POCKETの紹介や、EXSAPA(サービスエリアパーキングエリア)についてつぶやいてみた。

最近20代を中心に車離れが加速しているみたいだけど、僕も小さい子供がいる今だからファミリーカーに乗ってるとこがあって、車を持ちたいという所有欲はあまりなかったりするんだよね。

若者を中心とした世代の価値観が「所有」から「共有」へとシフトしているみたいだけど、僕も基本的にはカーシェアやレンタカーで十分だと思うよ。

維持費だって馬鹿にならないからね。Uber使ってみたいなー。

カーシェアといえばドコモからカーシェアサービスが提供されてるって知ってた?

初期費用や月額利用料もいらないし、ドコモユーザーならdポイントもたまるから興味があればチェックしてみてね。

それでも妻と子供と一緒に、一番子供がかわいいこの時期(保育園の年長と乳児の年齢)にキャンプや旅行へ一緒に行くことが車の所有コスト以上に価値があることだと思っているから車を買ってよかったなって感じてます。

前置きが長くなったけど栃木旅行の続きだよ。

初日光東照宮

自宅を出た翌日、無事日光東照宮へついた。

東照宮へは東北自動車道から日光宇都宮道路へ乗り継いで今市を出て下道を走る。

後は道路の表示版とナビに従って進めば迷わず到着できる。

東側の駐車場に車を停めて歩いていくといよいよ東照宮の門が見えてきた。

Nikko

日光東照宮参道

なごった
神社に漂うオーラが凄かったね!

門をくぐって境内を進むと有名なアレ

三猿

右から見ざる言わざる聞かざる

なごった
ウッキー!カワイイ!

更に進むと本殿が

デデーン!
Nikko Toshogu

日光東照宮本殿手前

中門の奥に本殿があるんだけど、東照宮で一番荘厳な建造物だったように感じたよ。

そのせいで本殿の写真は取り忘れてしまった・・・。

徳川家康公が眠っている場所はさらに階段を登ったところにあるんだけど、一応お墓なので写真はなしです。

本殿まででも1キロくらい上り階段や坂道を挟みながら歩いたけど、お墓まではさらに100メートルくらいやや勾配がきつめな階段をあがるので結構体力使ったなー。

ちなみに日光東照宮がどういう神社かというと

日光東照宮は、元和(げんな)3年(1617)徳川初代将軍徳川家康公を御祭神におまつりした神社です。家康公は、天文(てんぶん)11年(1542)12月26日三河国岡崎城(愛知県岡崎市)でご誕生になり、幼少より苦労を重ね戦国乱世を平定され、幕藩体制を確立されました。そして、世の中に秩序と組織を形成し、学問を勧め産業を興し、江戸時代260年間にわたる平和と文化の礎を築き、近代日本の発展に多大な貢献をされました。

日光東照宮HPより

一人の人間が神格化されて祀られるって凄いことだ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする