スポンサーリンク

BBQ 2017 夏

こんにちは。なごったです。

今日で8月も終わり。今年の夏も終わろうとしていますね。

最近BBQへ行ってきたので、次回のBBQへの教訓も踏まえて色々書いてみました。

早速行ってみましょう!

・BBQの火の起こし方のこつってここなんだ

結構手馴れてる人にとっては初歩的な部分だと思うのですが、積極的にBBQを始めたばかりの僕は炭の火の起こし方が着火剤をかけてチャッカマンでファイア!、で後は炭の場所を適度に変えるだけというやり方でした。古新聞を使うのが一般的だと思いますが、家には新聞がないのと、新聞紙の火は風で消えやすいので着火剤を使っています。

今回のBBQは妻の友人家族も一緒だったのですが、その旦那さんの一人が凄く手馴れていて着火後にひたすらうちわでいろんな方向からあおいでいて見事に炭から大きな炎が生まれてました!え?普通?そのようですね(^^;

ちなみにタイヤの空気入れや浮輪なんかを膨らますのに使う黄色いやつも使ってみましたが、うちわにはかないませんでしたね(^^;

後は大きい炭はあらかじめ適度な大きさに砕いて使った方が火が起こしやすいですよ。

・曇っているときの方が日焼けしやすいはホント

その日は程よく曇りがちで涼しくて気持ちが良かったのですが、そのために無防備に肉を焼いたりしていました。そしたら帰ってきたらきっちり日焼けしてました。曇っているときの方が日焼けしやすいっていうのはそのとおりでおそらく油断して日焼け対策を手抜きしちゃうってのも一つの理由なんでしょうね。

僕は紫外線アレルギーなのでなるべく日焼けしないように意識していますが、女性は特に気をつけられた方が良いですよ。

・流しそうめんには○○がオススメ

今回のBBQではうちの息子と年がほぼ同じ子供たちもいて、流しそうめんをすることになったのですが、竹なんてそんな簡単に手に入るものじゃないしどうしよっかってことでいろいろ探してたら、妻がなんとホームセンターで雨どいを買ってきたんですね。

試しに家でやってみたらこれが案外ピッタリの代替品でBBQでも大活躍で子供たちも大喜びでした!

流しそうめんって食べる側もそうめんを流す方も遊びの要素があるから、子供たちははじめは食べる側で楽しんでたんですが、そのうち流す方をやりたいって言いだして結構楽しんでましたよ。

流しそうめんは特に小さなお子さんがいるご家族にはお勧めですね!

夏はそろそろ終わりですが、これからの行楽シーズンにBBQにチャレンジされる方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする