スポンサーリンク

日光江戸村で日本再興戦略を考える

日光江戸村の入り口手前

ども。なごったです。

唐突だけど

これからの時代は百姓の時代

だよ(by落合陽一「日本再興戦略」)

なごった
百姓って農民のことだよね。日光江戸村なだけに江戸時代の人のはなし?てかのっけからどうした!?

いやね、最近働き方改革が叫ばれるなか

今まで人間がやってた仕事をAIがサクッと片付けちゃう未来がやって来てるじゃない?

その結果そもそも働き方の話以前に

AIの活躍によって人間の仕事が無くなっちゃうよ

だから働き方そのものに対する意識を変えていこうよ

じゃなきゃ仕事が無くなっちゃってつまるとこ日本って国の存続事態危ういよって事を

落合陽一氏が日本が再び輝きを取り戻せるように

「日本再興戦略」のなかで対策を紹介してるんだよ。

なごった
スケールの大きい話やな!

で、なんで百姓なのって話だけど、

「日本再興戦略」では

これからは単純な仕事はAIにとって変わるから

僕らがAIに仕事を奪われないためには、

百の名前(肩書き)をもつという百姓の名の由来の通り

百姓のように色んなスキルを身に付けるべきで

そうすれば自分にしかできない仕事が生まれる上に

これからの人口減少時代をAIをうまく活用して日本は再び輝きを取り戻せるはず

って事が書かれてるんだ。

読んだら日本の未来はまだまだ明るいって事がわかって面白かったよ。

なごった
確かに!なんだか元気のない日本人みんなにとってワクワクする話やな!
オラ、ワクワクすっぞ!

かなり前置きが長くなったけど

前回の栃木旅行の話の続き行ってみよう!

日光江戸村では百姓になれる

さてさて日光江戸村はまたの名を

EDO WONDERLAND

というんだけど

入村料(入場料)を納めて札所(入場門)をくぐるとそこはまさに

EDO WONDERLAND!

着物をきた若い娘がさっそく江戸弁で記念撮影をしてくれる(ちなみに写真は有料だからね)。

江戸村ではスタッフが武士や忍者など江戸時代の士農工商さながらに色んなキャラクターとして働いていて

まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような気分にさせてくれるでござるよ。

実はこの色んなキャラクターに僕らも変身することができるんだよね。

中には1名限定のレアキャラとして百姓も選べるから

レアキャラクターとして、あるいはネタとして変身するのも面白いよね。

中には花魁(おいらん)なんかもあって男心をくすぐられたよ。

そういえば忍者になってる外国の子供もいたよ。

僕も現代の百姓を目指しているので

百姓に変身したかったけど、

あと一歩踏み出す勇気が足りなかったなー。

なごった
オイシイのに。もったいないことしたなー。旅の恥はかき捨てやで!

こういうのってやったもんがちやもんな。百姓になるぞー。

川には餌付けされた鯉がたくさんいるよ

子連れ家族、ペットにも優しい

日光江戸村には授乳室やペット用厠(トイレ)があって色んなお客さんが来れるようになってるところが嬉しいね。

ワンちゃん用のトイレ

また江戸時代版キッザニアがあって参加できた子供には楽しい体験だろうね。

早いものがちで職業体験ができるよ

うちの息子は残念ながら参加できなかったけど、忍者ショーを観たり手裏剣投げを楽しんだりで江戸村を満喫してくれてて嬉しかったなー。

なかでも忍者ショーは大人が見てもすごく楽しめる内容だったので

江戸村に行くことがあればチェックしてみてね。

hanyuusa

スポンサーリンク

シェアする

フォローする