スポンサーリンク

星野リゾート 界 鬼怒川が素晴らしかった!!春旅その3

Previously on Nikko Travel.

日光東照宮の観光を終えた後はさすがに長時間ドライブの疲れが残っていたので
疲れを癒すべく宿へと向かったよ。

翌日は日光江戸村に行く予定なので、鬼怒川温泉にある

星野リゾート 界 鬼怒川温泉

というところで泊まったんだよね。

星野リゾート 界 鬼怒川温泉の玄関前

ちなみに宿泊施設へはこの玄関からリフトカーみたいなのに乗って登ったところにあって、まるで大陸から離島へ行くようなワクワク感があって面白かったなー。

夕食をどこかで食べてから宿へ向かいたかったんだけど、あいにくどこも定休日だったり営業時間外だったりでイートインできなくて「鬼怒川温泉駅」の敷地内にあるお弁当屋さんでなんとか夕食をゲットして旅館で食べることになった。

宿で夕飯を食べないということがイレギュラーなケースかと思われるので、夕飯抜きで鬼怒川温泉にお泊りの際はどこかで食べていくことをお勧めします

鬼怒川温泉駅 弁当屋さん

BENTO CAFE KODAMA HPより

個々のお弁当平均単価1,000円くらいしたと思いますが、とても美味しかったー。

サンドイッチもあって色々食べてみたくなる美味しそうなものばかりだったなー。

ところで、鬼怒川温泉についてだけど

江戸時代に発見され、当時は日光詣の僧侶や大名のみが入ることを許されたという由緒正しき温泉です。

日光旅ナビHPより

という温泉なんだって。

明治以降に一般開放されてからは多くの観光客が訪れ、鬼怒川渓谷沿いには旅館やホテルが建ち並ぶ関東有数の大型温泉地として発展しました。

同HPより

というだけあって、鬼怒川沿いにはホテルや旅館がズラリと並んでいたよ。

ただ、実際に周辺をドライブしてて感じたのは

なごった
廃墟のホテルもあったり、建物はかなり年季が入ってるものが多かったり結構寂れてるなー・・・って印象だったね。

ちなみに鬼怒川温泉の泉質は

お湯は神経痛や五十肩、疲労回復や健康増進に効くというアルカリ性単純温泉で、肌にも優しい軟らかな泉質です。

同HPより

なんだってさ。

旅館の大浴場の温泉に入った限りではさらっとしたお湯だなと思ったよ。

ところで僕らが泊まった「星野リゾート界鬼怒川」なんだけど、限りなくホテルに近い旅館というか和モダン旅館風ホテルって感じかな。

建物の形がシンプルなんだけどデザインがキレイで素敵。

僕らが泊まった部屋は「とちぎ民藝の間 レインシャワー付タイプT」というもの。

湯船がないお部屋だったけど、温泉地って基本的に大浴場で入浴を済ますことがほとんどなので客室はシャワーで十分だとおもう。

寝室

今回は朝食付きプランだったけどそれでも宿泊料がなかなか良いお値段だった。

こういうところはケチケチ安く泊まる事を考えずに夕食付プランにして早くチェックインしてゆっくりホテル内で過ごすのが正解だとわかったし、ゆっくり過ごしてもらえるように色々考えられてるね。

ちなみに朝食はかんな感じで豪華で美味しかったよ。